2011年08月21日

レパードSの予想

歴史の浅い「レパードステークス」だがダートの1800mはダートの定番距離で、格闘距離の重賞は多い。
ここで力を発揮できる馬は、今後の古馬 重賞戦線やGIに進める可能性がある。

札幌記念にもマカニビスティーを出走させる。矢作厩舎のレックスパレードを狙う。
初出走は未勝利戦の2500m その後1800mダートを2連勝!

矢作の目がそうさせたのか、初戦が2500mとは!?

1000万下を快勝したタカオノボル
これも1000下、GI3着のタガノロックオン
GT2着のボアレス
紅一点の重賞勝ち馬カラフルデイズ

◎レックスパレード
◯タカオノボル
△タガノロックオン
△ボアレス
×カラフルデイズ

買い目
馬単
12-5,7,11

3連複
12,11(2頭軸)
5,7,9

3連単フォーメーション
12,11
7,12,11
5,7,12,11


posted by 馬三郎 at 10:54| 2010G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

有馬記念

今年も最後の日曜日『有馬記念』です。

中山10Rですので注意してください。
東京(稲城)・神奈川(川崎・横浜)にいたころは、例年、中山ではなく、府中に会社の競馬好きが集合し、酒やつまみを持込み大宴会をしていた。(こういう人は多く、中山より府中のほうが人出が多い)

さて今年の有馬記念、『ブエナビスタ』が断然の人気だが、これまでの戦歴を見ると、1番人気も頷ける。
国内・海外で自分の力をコンスタントにだせる馬は牡馬をあわせてもそうはいない。
このレースに勝てば『ウオッカ』『エアグループ』『ダイワスカーレット』ら近年の最強牝馬群の域から一歩抜け出し最強とも考えている。

しかし消して負かせないという感じはなく、そこが今年の予想を組立てる上でのポイントとした。

今年逝去した木村拓也 氏の『一生懸命』という言葉が心にしみるが、安藤勝も『ペルーサ』の素質に惚れ込み、エージェントと調整し、美浦や関東出張を幾度とこなし、ペルーサと触れ合い、覚え、覚えさせた。
安勝は、日本のA級ドライバー(騎手)だが、『ペルーサ』を乗りこなすには中々手間取った。
しかしあのエンジン(脚)に魅せられたはずで、3歳最強と思っているはずだ。

『ヴィクトワールピサ」も春先までは3歳最強の称号を与えられた馬、瞬発力では3歳トップより劣るものの、好位から競馬し、長く脚を使える中山では、威張れる存在。

『ルーラーシップ』ダービー5着後の、休養あけの前走「鳴尾記念」で重賞勝ちして一発回答。ここでも好勝負か?

『ドリームジャーニー』、『オウケンブルースリ』の古馬G1馬もそれぞれ良化しており、乗り方ひとつ。

オグリキャップの最後の有馬記念は4枠、その枠に芦毛馬「メイショウベルーガ」が入り応援馬券としては面白い。
馬自体は、下り坂の京都が合うだけにここはきつそうだが、どうか!?

他では好枠の『ネヴァブション』、瞬発力がある『エイシンフラッシュ」とした。


先ずは、馬単で
◎ブエナビスタ
○ヴィクトワールピサ
▲ペルーサ
△ドリームジャーニー
△ルーラーシップ
△オウケンブルースリ

×エイシンフラッシュ
×ネヴァブション

ヴィクトワールピサからの馬単も少々。
3連単は、1着ブエナ、2着ヴィクトワール、ドリームのフォーメーションで
各馬へ。



posted by 馬三郎 at 11:25| 2010G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

阪神ジュベナイルF

先週は辛くも馬単で仕留めることが出来た。
自分の予想は嵌らずも、押さえ馬券で獲るという現実が「予想の悪さ」を痛感する。

今年の2歳牝馬もレベルが高く思えるが、それを押し上げた1頭は「レーヴディソール」ほかならない。
現時点では「レーヴディソール」が頭2つ抜けている。
枠もギチギリ良いところで、前走のように大外一気して脚を確かめたのだから祐一もポカはないだろう!

○はファンタジーSで窮屈なところがあったものの3着に飛び込んだホエールキャプチャとした。

▲1ホエールキャプチャに騎乗していた武豊 「ダンスファンタジア」
超良血、日本における近年の活躍牝系ダンス一族。
出世レースの赤松賞からは厩舎の先輩スティンガーと同じ。
藤澤厩舎がこの時期からこの路線へのせたのだから、それなりの評価をしなければならない。
2走とも終いは34秒以下の脚を使っているので、G1でも期待できる

▲2アヴァンチュラ
こちらは近年の早熟系の良質牝系で来年の春先までは楽しめるはず!

圧倒的1番人気から入るのだから、馬単は3頭のみ消し、14頭へ流す。
後は○、▲1を2着にした、フォーメーション!

来週は自信ないのだから、ここで正月の餅つきように確実に獲っておきたい!
posted by 馬三郎 at 12:08| 2010G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

JCダートの予想

強かったディープ世代、強い3歳世代 昨日の2重賞では、3歳馬の独壇場。
先週のJCも繰り上がりとはいえ1,3,5着。

弱い4歳牡馬はG1に登録し出走できるだけでも使命を全う。 そんな感じか?

ダート中距離界を引っ張ったカネヒキリは引退し、フリオーソ、ヴァーミリアンに陰りが見え始め、覇権したエスポワールシチーは不在。

その隙にG1制覇という感じの出走馬です。

混戦模様の中トランセンドが1番人気!テンの違いでハナに立ちそうで馬券を買うほうは最後まで楽しめるハズ!?
ダート兄弟のキングスエンブレム、父が狂気のウォーエンブレムなので毎レース全力をレースに使い切るのはけして上手くないがここ3走は真面目に走っている。
末がありダート実績のあるシルクメビウス、ダート初出走のアリゼオが人気。

ヴァーミリアンよりアリゼオが単人気というのは、強い3歳のイメージと父シンボリクリスエスの子のダート実績からきてるのだろう!

気になるのは、ダイシンオレンジ、アドマイヤスバル、オーロマイスター、グロイアスノアあたりか。
オーロマイスターは前走大敗と1800mが少し長い、外枠、掛かり癖が嫌われて人気落ちをしているが、陣営はやる気満々で吉田豊を土曜から阪神へ送り込んでいる

予想
◎ダイシンオレンジ
○オーロマイスター
▲シルクメビウス
△キングスエンブレム
△トランセンド
△ヴァーミリアン

×アドマイヤスバル

トランセンド頭の馬券も少々!

posted by 馬三郎 at 15:00| 2010G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

ジャパンカップの予想

ジャパンカップは東京10Rとなっているので購入の際は注意してください!

東京芝も最終週となるが代替開催したおかげか、良好のようです。
内から脚を伸ばす馬が多いようです。

天皇賞・秋馬ブエナビスタの1本かぶりの単勝オッズですがどうでしょうか?

先週のマイルCSは、馬単を少々Getしたので、有馬記念までの購入資金にはなりそうです。

ブエナビスタは春先の歩様の硬さが取れ天皇賞・秋は好枠くから流れに乗り完勝!
1番人気もうなずけるが、今回もマイナス体重で出てくる模様。
外枠も多少不安があるが、そこは東京2400m 第1コーナーまで長いので、前に馬を置いて流れに乗れるハズ。
能力歴然の◎ではないがこの馬を抜擢した。
相手は3歳牡馬から選ぶ。
今年の3歳は菊花賞馬が不在だが、皐月、ダービー1,2着馬、天皇賞・秋2着馬と層が厚い。
この中では、ペルーサを上位にとる。
安藤騎手もこの馬の調整で関東出張し、陣営も馬具を試用したり、出遅れ癖も徐々に良くなるはずで、天皇賞・秋は最速上がりで2着を死守した。
東京向きで、レベルが高いG1向きの馬。
印は落とせない。
他の馬は1長1短、ローズキングダムは血統的に直線が短いコースで切れ味を生かす競馬がある。東京コースは不向きで案外な着順になる可能性もある。
エイシンは1頓挫あり(ただフレッシュな秋2線目というプラス材料も)
ヴィクトワールは人気にならなければ少々買いたい馬ではあるが・・・
(ダービーの流れにはならず、ローズよりはこちらのほうが古馬G1向き)

弱い4歳牡馬の中では異色なナカヤマフェスタ宝塚、凱旋門賞の好走で現在2番人気。
ブエナビスタを下した実績から逆転まであるかもしれないが、押さえまでとした。
オウケンブルースリは正直調整が1週間狂ったと陣営が言っており、額面どおりなら消しなのだが良い印は打つ。

◎ブエナビスタ
▲ペルーサ

○オウケンブルースリ
△ナカヤマフェスタ

×ヴィクトワールピサ




posted by 馬三郎 at 11:16| 2010G1予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在小遣い稼ぎの「imi」が新規会員キャンペーンを実施しています
楽天銀行などのネットバンク対応で、報酬==>馬券代になります

登録は下記バーナーから


iMiアンケートモニターに入会



未来の競馬ライター、Webデザインの募集広告です!
未経験者大歓迎!やる気のある方大募集中です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。