2009年12月27日

有馬記念の予想

本日中山競馬場で第54回有馬記念が行われます。

天皇賞・秋、ジャパンカップの上位入線馬が不出走の寂しいグランプリです。

また4歳馬が1頭も出走しない前代未聞のグランプリです。
この中で、菊花賞、JCと同じような競馬をしたリーチザクラウンが3歳と古馬の力関係を測ってくれそうです。
またJCには3着になった3歳牝馬のレッドデザイアも古馬とのものさしになります。

リーチザクラウンの菊花賞、JCのラスト3Fは36秒1,2でリーチは能力分は走ったことになります(JCは最初脚を使ったが)

やはりJCの方が展開、上がりなどレースレベルが高いように感じました。
3歳牡馬よりは、古馬、ブエナは古馬と互角という図式になりました。

中山2500mmはトリッキーなコースで、レース展開で前残り、差しの有利不利がガラリと変わるレースです。

淀みなく逃げるリーチは平均ペース以上でしょう。
それをTMプリキュアや実力あるミヤビランベリなど前に行く馬がいて、ブエナが中団ということになると、差し追い込みの馬は楽に追走でき、展開的には有利でしょう。

後は中山コースの適正です。

これを加味して、マイネルキッス、エアシャイディ、ドリームジャーニーに古馬でマツリダゴッホ、ネブッション、3歳からブエナビスタ、フォゲッタブルを絡め、上位3頭から手広く流したいと考えています。

特にドリーム、エアの追い切りは抜群に良く見えました。
マイネルは前走のJCで上がり34秒9でローテ的にもここを狙ってきたカンがあります。

Good Luck!
posted by 馬三郎 at 10:49| 2009GT予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

朝日杯フューチュリティs(G1)

本日 中山競馬場で朝日杯フューチュリティs(G1)が行われます。

東スポ杯組のローズキングダム、トーセンファントムが人気になっています。
近年は、クラッシック戦線をにぎわす馬は暮れの2歳たんぱ杯に向かうのですが、ローズキングダムはこちらに回ってきました。
橋口厩舎がこちらに矛先を向けてきたわけですから、それなりに評価しなければなりません。
また枠もまあーよい所だと思います。
逆にトーセンファントムは枠が外すぎで決して有利な枠ではありません。
ただ将来性(末脚も)はこちらが上ではないかと見ています。

この2頭から、キングレオボルト、エイシンアポロンが相手で良いのはではないかと考えています。


上位2頭の順位ですが、前走チグハグな競馬(馬に負担がかかった)をしたトーセンがここで逆転するのを期待して。

馬単、3連単はこちらから買いたいと思います。
馬複は8−15の1点買いとしました。
ラベル:予想 朝日杯 競馬
posted by 馬三郎 at 12:43| 2009GT予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

阪神ジュベナイルF

JC、JCDを当て、(JCはトントン)師走競馬に性を出しているこの頃です。

今日は阪神で2歳牝馬女王を決める阪神ジュベナイルF(芝・1600mm)が行われます。

小回り阪神ですが、1600mmですので所謂外回りのコースです。

極端なコースで外枠不利の阪神1600mmですので、枠の有利・不利があり、特に2歳牝馬戦。(影響しそうです)

コースも集中の雨などで内が傷んできてますので、中団からの差しが決まるレースも多くなっています。

前走、豪脚を使ったタガノエリザベート、シンメイフジ、アパパネが今回も前走のような脚が使えるかが鍵となりそうです。

シンメイ、アパパネは外枠で、特に引っ掛かり癖があるアパパネは不利な枠です。

週中はアパパネを本命にしていましたが、どんぐりの背比べで、
混合重賞で結果を出したアニメイトバイオ、前走 欠点を見られたラナンキュラス、タガノガルーダと前記3頭を絡めて

今週も馬券を取りたいとこですが、このレースは自信が有りません。
購入しても1点500円でしょう!!

エリカ賞を3連単でしとめれば今週も大幅プラスで終えれそうです。
posted by 馬三郎 at 09:42| 2009GT予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

ジャパンカップ・ダート

今日は阪神でジャパンカップ・ダートが行われます。

阪神に舞台を替え2年目距離も2100m〜1800mに替わり、新形態のレースとして生まれ変わりました。

阪神では国際騎手招待の競走が行われていますので、腕の良い、外国人騎手や地方騎手が騎乗することが出来、国際色豊かなレースとなりそうです。

メンバーはサマーバード、カネヒキリ、カジノドライブ、スマートファルコン、テスタマッタ、フリオーソなどが出走すると、フルメンバーでダート頂上決戦となりますが、このメンバーでも豪華です。

芝路線よりも、ダートレース体系の幅が豊富で、メンバー適にも面白いレースです。

先週はウオッカから買ったワイド馬券が2点当たり、プラマイゼロでした。(ワイドはこの2点のみ購入)





中心はエスポワールシチーとしました。
逃げ必死ではなく、先行できるタイプで1番枠も苦にしないタイプです。

対抗は悩みましたが、サクセスブロッケンとしました。

理由は、エスポワールと同じですが、今年の春先には、カネヒキリ以下を制し快勝しています。

差のないのがヴァーミリアンで去年よりも調教過程なのが良く、年齢による能力低下は無いと思っています。


連下には、いい脚を使う、アドマイヤスバル、安勝騎乗のマコトスロ、これも差脚タイプのシルクメビウス

想定時の対抗馬だったWアキュートとしました。

どの馬からでも勝負できるメンバーですので、ダイショウジェットなども面白いと思います。
ラベル:競馬 予想 万馬券
posted by 馬三郎 at 11:46| 2009GT予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ジャパンカップ(G1)の予想

本日東京競馬場で第29回ジャパンカップが行われます。

種牡馬として成功したトニービンなんかも過去に出走していたレースです(結果5着)
またシングスピールなどはこのレースを勝ちその後世界的名馬となりました。(あとモンジューは欧州屈指の種牡馬です)

そして今回 今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、ブリーダーズカップ・ターフを勝ったコンデュイットが出走します。

欧州・米国の勢力図はシーザスターズとゼニヤッタ抜きに語れませんが
その次のクラスの馬(古馬トップ)がコンデュイットでレーティングは125P。
世界6位タイの実績で、芝ロング部門では第1位です。

今年は欧州→米国→BCターフから中2週で来日と多少忙しい感じで
体調が心配です。

馬券から外すことは出来ませんが、トニービン、ドクターデヴィアスなど日本で種牡馬となる馬は好走していないところも気になります。

2年越しの出走となるマーシュサイドが米国馬の中ではトップの評価としたが時計勝負になると厳しいかもしれない。


◎は日本馬とした。

ポイントは東京に良績があり、消耗していない馬。

スクリーンヒーローは秋2戦目で、前走は天皇賞・秋2着。春はG1レースで揉まれ心身は成長したはず!

○も東京が合うレッドディザイア3歳牝馬ながら強靭な肉体の持ち主で、調教師が騎手時代にのって2着したファビラスラフィン(3牝)より距離、乗り易さも上のはず。

▲は東京が庭のウォッカ

他オウケンブルースリ、コンデュイット、リーチザクラウンとした。


今年はJCダートにも大物が来日予定で、大いに盛り上げて欲しい!
posted by 馬三郎 at 08:20| 2009GT予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在小遣い稼ぎの「imi」が新規会員キャンペーンを実施しています
楽天銀行などのネットバンク対応で、報酬==>馬券代になります

登録は下記バーナーから


iMiアンケートモニターに入会



未来の競馬ライター、Webデザインの募集広告です!
未経験者大歓迎!やる気のある方大募集中です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。