2014年02月23日

フェブラリーS(第31回)

フェブラリーS(第31回)
東京1600m、芝スタートであるが、長い直線がカバーして力勝負の競馬が見込める。
決め手のある馬を頭に買いたい。

◎ペルジャサール
松田国調教師が試行錯誤し、ダートで底を見せず昨年のJCダートを勝利
◯グランドシチー
これも良い末脚。JCダートは◎を上回る末脚を見せここでも押したい。
▲ホッコータルマエ
地方G1では有力馬2,3頭をねじ伏せれば勝利するが
骨っぽい相手が多数いると得意の先行力が仇になる場合があるが
力はある
△ワンダーアキュート
豊が完全に手の内にいれJCダートでも差しで◎を追い詰めた
対抗同様高い評価
×アドマヤロイヤル
東京得意でこれが勝っても全然不思議なし
×ベストウォーリア
少々人気気味。しかし4歳の中ではこれが一番
×シルクフォーチュン
×ニホンピロアワーズ

4頭◎◯アキュート、アドマイヤ中心
に買いたい
posted by 馬三郎 at 15:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

皐月賞

弥生賞で人気2頭から勝ち馬が出ず、いつの間にか4強(3強+2?)となった皐月賞。
G1馬でトライアルのスプリングSを快勝した、ロゴタイプが実績では抜けているが、
蓋をあければエピファネイアが1番人気。

4強の内調教が軽いのが2頭いる。
ロゴタイプとコディーノ

調教抜きであれば、ロゴタイプとコディーノは2歳から王道路線を歩んできた。
特に藤澤師のコディーノは過去の管理馬と違う王道クラッシク路線だ。
バブルガムフェローと似ているが、順調にこの路線にのらなかった。
あえてこの路線を選んだのだからそれだけの馬ということだろう。

現時点でロゴタイプを上とした。(朝日杯は着差はわずかだが、抜かれる感じはなかった)
外差し決まる馬場と中山同距離得意なファイムゲームも差はない。
好位取れるタマモ。流れが早くなれば折り合いつくメイケイまで

◎ロゴタイプ
◯コディーノ
▲ファイムゲーム
△カミノタサハラ
△タマモベストプレイ
×エピファネイア
×レッドルーラー
×メイケイペガスター
posted by 馬三郎 at 13:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

NZT(ニュージーランドT)、阪神牝馬Sの予想

明日は桜花賞。
その軍資金をというわけではないが土曜日は東西で重賞が有り当てておきたいところ。
浜中騎手は体が2つあればということか!
エイシントップは2重賞の4勝馬。
ここでは実績が抜けているが同斤量の56kg。
逃げ馬だが気性が勝ったタイプではなく従順な馬。
乗り替わりを問題ないと思う。
そのエイシンを朝日杯で先着し、前走共同通信杯で2着のゴットフリート。
この2頭はまだ勝負つけがついていない。
口を縛り行きたがるのを我慢させたマイネルホウオウなど人気とおりか!?

ここはエイシンーゴットを本線で、3着は手広く買う。

馬連 1−12
馬単 12−1、12−6,12−11,12−13
3連単 12−1−6,11,13

阪神牝馬S
強い4歳組。そのなかでもハナズゴールのゴール前の脚はしびれるが
阪神う内回り、脚質的に不安がある。
浜チャンもこの先東京を見据えての取捨と思う。
アイムユアーズ、サウンドオブハートみんな4歳牝馬。

調教が軽いとみられているアイムユアーズから入る。
対抗は叩いたフミノイマージン

◎アイムユアーズ
◯フミノイマージン
▲ハナズゴール
△サウンドオブハート
×カラフルデイズ
×クィーンズバーン
×シュープリームギフト
posted by 馬三郎 at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

阪神大賞典

現役最強馬の1頭と目されるゴールドシップが登場する。
府中の2400mならジェンティルドンナとオルフェーブルといい勝負をしそうだが、
他の中長距離路線の番組ではこの2頭にも負けないと思う位の馬で正直ここは2,3着さがし。

手広くいけないので3連単フォーメーション
7−8−1,6
の2点買いでも良いと思うのだが!?

8番 ベーグドは正直中距離馬で折り合いがつけにくい馬。
6番 デスペラードは重賞の今回は試金石で阪神コースに良績がない。
ならば1番トウカイトリック好枠で距離・コースともに合う

ただ、1か8かと言われれば8の2着の確率が高そうだという感じ。

クラシック皐月賞トライアルの スプリングS
牡馬・牝馬ともに混沌とした今年の3歳 能力・レベルも?疑問があり
ダービー、オークスへは1勝馬でもまだまだ間に合いそうな雰囲気。

京成杯を取らせてもらったフェイムゲーム、朝日杯馬ロゴタイプと
賞金は既に足りている馬、是が非でも権利を取りたい馬と事情は様々。
◎サーストンニュースでいく。
中山未勝利も合わないとは思わない。
重賞勝ちのある馬の中では◯タマモベストプレイの成績が安定しており、
父フジキセキで東上初でも中山は問題ないとみる。
父ディープに変わったヘンデルテノール
マンボネフュー。

◎サーストンニュース
◯タマモベストプレイ
▲マンボネフュー
△フェイムゲーム
△ヘンデルテノール

posted by 馬三郎 at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

京成杯

代替え競馬、1週伸び、再投票
栗東からの長距離輸送を避け再投票しない陣営も有り、
1番人気はフラムドクロワール
この馬も最投票の口だが、中間の追い切りが?
ここは別の馬から入ることにした。
フェイムゲームから入る。

兄は重賞で活躍したバランスオブゲーム
兄は中山も良く走った

前走は多頭数のスローペースの中2馬身半差の快勝でここでも通用する。
栗東からの再輸送組ではアクションスターを上位に上げた。
ダートからの2頭は人気になり過ぎであえてカットした。

◎フェイムゲーム
◯アクションスター
△フラムドクロワール
△マイネルマエストロ
posted by 馬三郎 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在小遣い稼ぎの「imi」が新規会員キャンペーンを実施しています
楽天銀行などのネットバンク対応で、報酬==>馬券代になります

登録は下記バーナーから


iMiアンケートモニターに入会



未来の競馬ライター、Webデザインの募集広告です!
未経験者大歓迎!やる気のある方大募集中です!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。